赤緑黒青除去ボルソード



「除去ボルソード」
Creature 15
 ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
4枚
 バザガジール・ドラゴン
1枚
 ラブ・エルフィン
4枚
 青銅の鎧
2枚
 停滞の影タイム・トリッパー
2枚
 コーライル
2枚
Spell 25
 焦土と開拓の天変
4枚
 炎槍と水剣の裁
2枚
 英知と追撃の宝剣
2枚
 地獄スクラッパー
2枚
 クリムゾン・チャージャー
2枚
 母なる大地
4枚
 スケルトン・バイス
1枚
 ロスト・ソウル
3枚
 エナジー・ライト
4枚
 サイバー・ブレイン
1枚


一応俺オリジナルのデッキ。

ボルバルザークが制限され、除去ボルなるものが流行りだした。
俺はボルバルザークを嫌う者の1人だったが、大好きなボルメテウス・ホワイト・ドラゴンが投入されていることから使用することが多くなった。
しかしやはり納得いかない所もある。そこでボルメテウスに頼りきった構成に変えてみたところ、まさに俺に合ったデッキになった。
ロストソウル>ボルメテウス。強いと分かりきっているこの流れをより素早く、確実に決める。
デッキ名も「ボルソード」と、適当ながらオリジナルにしてみた。俺の代表作で、まさに「伝家の宝刀」である。

除去ボルやランデスボルバルの構成に似ているが、個性を出すために無双竜機ボルバルザークは投入されていない。とは言っても、クリーチャーが15体しか入っていないので投入しても微妙なところ。

呪文が25枚であるがゆえに、ラブ・エルフィンは欠かせない。3ターン目に強力な4マナ呪文を使えるのはかなりいい感じ。その他、場をコントロールする呪文を素早く使えるため、攻撃的なデッキにも対応できる。

ランデスでは定番のマナ・クライシスも入っていない。これは後半のトップデック率を高めるため。まぁそれ以前にそこまでランデスする必要も無い。要はどんなデッキよりも早くエターナル・ソード>ロストソウルを打ち込むことである。

勝負を決めるのはボルメテウス。完全にボルメテウス任せである。よってボルメテウスを除去されきると、デッキを掘り進む速度も速いため、アウト負けしてしまう。これを防ぐにはやはりボルバルザークがいるのか・・・。

速攻やビートダウン系統にはクリムゾン・チャージャーやコーライル、マナ加速からのエターナル・ソードや裁きなどで対応する。
除去コントロールにはマナ加速よりもドロー。ロストソウルを打ってしまえば此方のものである。邪魔なブロッカーにはエターナル・ソードの出番。
最近流行のバジュラズにはひたすらバウンスで対応する。隙あらば赤マナを破壊したり、ボルメテウスの特攻でもイケるはず。
苦手なデッキは闇単や青黒ハンデス。手札からボルメテウスが落とされると勝ち目が無くなる。トリガーに強いという利点があっても相性は悪い。序盤からドローを重ねてボルメテウスを守るのも良いが、停滞の影タイム・トリッパーを1枚、ディメンション・チョーカーに替えても良いと思う。

ボルメテウスは4枚積まれているため、有利な場であればバシバシと召喚していくのが良い。


○ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン
ランデス・ハンデスと相性がいい。コイツの一点突破で勝利を狙う。ロストソウル後、ボルメテ>コーライルでロックを掛けてしまう戦法が強力。唯一の決め手であり、アウト勝ちも狙えないので除去され切られては負けとなってしまう。そのためやりすぎ感のある4積み。

○ラブ・エルフィン
呪文の比率が大きいため、幻緑の双月よりも此方。使ってみれば分かる存在の大きさ。

○英知と追撃の宝剣
トリガーも少なく、一発除去も無い。なので大型やビートダウンに弱くなってしまう。そこでこの宝剣。場を大きく変動させ、ランデスまで出来る優れもの。こいつの後のロストソウルが効果絶大。






【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース